カードローンの総量規制ってどんなもの?

お金がないカードローンでお金の借入を行いたいと思った時に気になるのが総量規制です。
よく聞く言葉になっていますが、どのようなものなのかきちんと知らないという人も少なくありません。

これは以前は業者の判断により制限なく借入ができる状態だったため、収入以上の借金を負いすぎたことで生活に支障をきたしたり、破産する人が増えてきたことが原因となり、法律でその人が借りることができる金額を制限したものです。
借りることができる金額は年収の3分の1となっており、例えば年収が300万円の人の場合には100万円までしか借りることができなくなっています。
カードローンの申し込みの際には年収がわかるものを提出しなければいけないことも増えていますし、提出が不要の場合にも審査の段階で個人情報をチェックすることで、現在の他の業者などからの借入をチェックされることになります。

総量規制以上の金額のお金が必要になった場合にはどうすればいいのか、と不安になる必要はありません。
実はこの総量規制とは消費者金融やクレジットカード会社などの金の貸し借りの仲介や貸付を行う「貸金業」と呼ばれている業種にのみ適用されています。
そのため、同じようにお金を借りることができるけれど、「貸金業」ではなく「金融業」である銀行は対象外になりますので、銀行からの貸付を受ける場合には年収の3分の1以下、という金額を気にする必要はないのです。

他にも農協や信用組合、信用金庫、労働金庫も対象外となっています。
ただし通常通りに審査は行われますので、収入に対してあまりにも多くの借金があるということがわかった場合には、審査の段階で落ちてしまうこともあり得ます。

また、最初から年収の3分の1以上借りることができるものも存在しています。
住宅や自動車など年収以上のお金が必要になってくるものや高額医療費の借り入れ、手形などは年収の3分の1以上の金額であっても借りることができる可能性があります。