銀行カードローンの保証会社の特徴について

銀行銀行のカードローンを利用する場合、申し込みが出来る人や申し込み注意事項に記載されている条件を満たしているか否かを確認しておく必要があります。

年齢における条件の場合は、下限は20歳以上もしくは満20歳以上と言った具合に、成人を対象にしているのに対し、年齢の上限については62歳まで、65歳未満と言った具合に金融機関毎に違いがあるので申し込み前に確認をしておくと安心です。
500万円や1,000万円と言った高額なローンを用意している金融機関も多くなっていますが、利用額が大きくなる事で収入に対する返済能力があるのかを審査するため、年収証明書類と言われている書類提出が必要になって来ます。

但し、年収証明書類はそれぞれ金融機関が定めている利用限度額を超えた場合であり、申し込み額が300万円までは年収証明書類を不要と言った事が申し込み説明書の中に記載されています。

申し込み条件の中に記されている事項の一つに保証会社と言う事が記されています。
銀行のカードローンは担保などが不要と言う魅力を持っているわけですが、返済が出来なくなった時に代わりに弁済を行うのが保証会社であり、大半の場合がアコムやプロミス、地銀などが信用保証業務を行っています。
アコムは大手の消費者金融であり、個人貸し付けも行っている有名な金融業者であり、プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスと言う企業のサービスブランドです。

申し込みを行うと審査を受ける事になるわけですが、消費者金融の場合は自社内での審査を受ける事になりますが、銀行のカードローンの場合は、消費者金融や地銀、そして申し込みを行う金融機関で審査が行われるのが特徴です。

審査は個人信用情報などを基にして信用があるのかなどをチェックするのが特徴で、対象となる金融機関と消費者金融が加盟登録を行っている2社もしくは3社の個人信用情報が照会された形で審査を受ける事になるので、それぞれの個人信用情報に問題がない事が融資を受けられる条件にもなります。