働いてなくてもお金借りれる方法はあるか

一般的にお金を借りるときには返済能力が審査で見られるため、無職の人がカードローンに申し込んでも審査に通りにくくなります。
さらに消費者金融やクレジットカードなどの信販系の業者の場合は総量規制の対象になるため、法律によって年収の3分の1までという借入の制限もあり、収入がなければ借入上限が0円になります。

このようなときに利用できる借入先として中小の消費者金融があります。
大手は適用していませんが、中小で配偶者貸付制度を適用しているところであれば、配偶者が働いていれば借入が認められます。
ただし、金利は高めなので返済の負担は大きく、闇金融に騙される危険性もあるので注意しなければなりません。

アルバイト審査に不安がない場合は金利の低い銀行カードローンを検討した方が返済の負担を抑えられます。
まず、こちらでも配偶者が働いていれば借入を認めているところがあるので、専業主婦で配偶者に借入が知られても構わない場合はこれを利用できます。
また、配偶者に知られたくない、未婚であるなどの場合でもお金を借りられるところもあります。
総量規制の対象外であるため法律による借入上限の制限がなく、無収入でも借入を認めている銀行カードローンがあるので、これに申し込むと良いでしょう。

ただし、審査なしではないため、過去に返済の遅延などによって信用情報に傷が付いていたり、他社から高額の借入をしているような場合は審査に落ちることがあります。
また、家族などが返済することを期待しているため、無職であり、家族もいないような状況も審査に落ちる要因になります。

このように働いていなくてもお金を借りる方法はありますが、借り過ぎると返済が困難になって遅延を起こし、信用情報に傷が付いてクレジットカードなども利用できなくなってしまう危険性もあります。
そのため、無駄遣いがないか家計の見直しを行って支出を抑え、アルバイトやパートで少しでも返済能力を作っておいた方が良いでしょう。